実用方法

どうやってラブドールに補修するか?(傷、染色など)

ラブドールはシリコンとTPEで作られた製品なので、非常に柔らかく、日常の使用やメンテナンスが不適切な場合、人形が損傷する可能性があります。小さな瑕疵や、色あせなど、自分で簡単に修理できます。

瑕疵

ラブドールの使用中、ラブドールの肌が裂けたら、専用のTPE接着剤で直せます。

  • 1.TPEのりをよくするために、損傷した部分を接着する前に、まずそれをきれいにして乾燥させます。 洗剤や石鹸水できれいに洗浄。 清潔になった後、きれいなタオルで水分をしっかり拭き取ってください。
  • 2.損傷した部分を自然な姿勢にします。人形の傷からのりが流れ出るのを防ぐためには、傷を水平に置くのがベストです。
  • 3.破損した箇所に接着剤を塗布してTPEカートリッジを開き,爪楊枝やカクテルスティックにのりをつける。(棒の端に余分な水滴がかかるのは避けましょう)ボンベの蓋を交換し、溶剤の蒸発を防ぐためにようじの内側と内側を擦りながら両サイドの涙の跡を軽く閉じて、両方をティッシュペーパーや清潔な布できれいに拭き取って、損傷した部分から押し出された余分な部分を拭き取るようにします。破損した部位に息を吹きかけ、のりの蒸発を促進します。
  • 4.ドールをそのままに置いて、傷が完全にくっついた後で完了。

解説動画

ラブドールにバリがあったら、ドライヤーを利用して修理できます。

  • 濡れたタオルを用意して
  • ササクレのある位置を拭いて
  • ドライヤーを取り出して、ササクレのある位置で肌が滑らかになるまで熱風を吹きます

解説動画

まつげと爪の修復

ラブドール日常の使用中、まつげや爪が剥がれたりすることがあるかもしれません。この時、接着剤でそれを修復することができます。

  • まつげ
  • まつげを修復する時は、ラブドールを水平に置き、爪楊枝なのでまつげを元位置に戻し、必要に応じて接着剤を塗ります。まつげを固定するために、接着部分を数秒間静止されてください。
  • 爪を修復する時は、ラブドールを横に置き、落ちた爪を集めて、爪と接着部分を掃除し、付着効果を阻害するホコリ、汚れ、破片を取り除いた後、爪と爪ベッドに接着剤を塗布し、数秒間で固定します。

乳輪性器の色落ちに色付け

乳輪性器の色が落ちたら、液体化粧道具で修復。

  • 色あせた部分を見つけ
  • 塗料を取り出して軽く振って
  • 綿棒を少量の塗料に浸し
  • 綿棒をそっと押して、色あせた部分に均一に塗料を塗ります。

解説動画

軽いインデンテーションで、蒸しタオル温罨法を利用します。100%元に戻りませんか、痕跡より軽くなります。

  • この簡単な修復過程は暖かいタオルを一枚使って短い時間で見える凹みに覆います。
  • 損傷した部分が熱くなったら、手袋を着用し、損傷した部分を手で軽くたたきます。
  • 傷が平らになるまではこれらの手順を交互に実行します。

染色

暗い色の服を着て、あるいは時間が経って、小さい面積の染色が現れたら、脱色剤を使用してください。

脱色剤の使用方法:

  • 1.染色部位に綿棒で塗いてください、
  • 2.染色ひどい場合は何回で塗いてください。色落ちるまで、三、四時間に一度塗ります。
  • 3.色落ちた後、水で洗ってください。(脱色剤は匂いがありますから)
  • ご注意:脱色剤は手で直接塗いて禁止、綿棒がお勧めです。)

PS:ドールに染色しないように注意:

  • 1.色薄いの服をドールに使用してください。(白い服がお勧め)
  • 2.新しい服はまず何回洗って、色が落ちないように確認して、またド
  • ールに使用してください。
  • 3.深い色服はドールに長時間に着ないでください、色染安いから。
  • 4.もし、どしても深い色服が着ますの場合は:
    • (1)深い色服の中に白い服をきてください
    • (2)ドール本体にラップで包む後、また深い色服を着ます。
    • これで有効的に深い色服とドール本体を接触を避けます、染色を免れます。

解説動画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です