未分類

Hanidollのラブドールはどう誕生するのか、一緒に見てみましょう!

1、設計図作成

データ収集:市場やお客様のニーズを収集し(例えば、お客様が好きな体と顔;漫画や芸人など、他の市場で得られる人気データを参考にします。)、その人気データをプロの

デザインチームにフィードバックします。

プロのデザインチーム:弊社には優秀なダッチワイフデザインチームがあります。弊社のダッチワイフデザインチームは20年以上ダッチワイフのデザインに携わってきました。豊富なデザイン経験が持っていて、200種類以上のボディと500種類以上のヘッドをデザインしました。彼らは初歩的なデータ(例えば、顔の写真、スリサイズなど)を入手し、人気データをもとにプロのデザインソフトでダッチワイフの設計図を作成します。そして設計図を調整し、完成したら金型部門に渡していきます。

2、塑像作成

弊社には20年以上経験の細工師がいます。彼らはプロのダッチワイフ職人です。弊社では、手仕事の工匠精神が守り続けられてきますから、細工師は完成した設計図を手に入れると、それをもとにダッチワイフの塑像を手作業で作っていきます。そして、実際の様子に合わせて微調整をして、より調和のとれた完璧な形に見せます。

3、金型作成

ダッチワイフの材質は二種類あります。TPEとシリコンです。泥像が完成されたら、まず制作時に使う材料を確認します。金型の材料はドール材料によって変わりますから、きちんと確認しないといけません。確認したら、塑像をもとに金型を作ります。金型ができたら、不良が出ないように、テストをします。

4、材料注入

この段階では、まずカスタマイズの内容を確認します(肌色、自立機能、骨格タイプ、関節のゆるみ、ホールタイプ、胸タイプ、発声機能、加熱機能など)。ダッチワイフ作業の中では、カスタマイズ内容を変更出来ず、一旦間違ったら、作り直ししかないです。

カスタム確認後、金型内部にダッチワイフの骨格を固定して、加熱溶融されたTPE(シリコン)材料を金型に注入します。そして、金型を冷却プールに入れて冷やします。材料が冷却されたら熱膨張縮退の原理で金型との間で隙間ができてしまうので、プールから取り出してもう一度材料を注入、こうして隙間がなくなるまで何度も繰り返します。

時には作り直す必要があります。注文の納期が1週間から2週間の場合が多いのは、このためです。

5、ダッチワイフを洗浄

冷却が完了したら、ダッチワイフを金型から取り出します。取り出したばかりのダッチワイフの両側では、金型の隙間で形成した線があります。そういう線や細かい疵を処理して、ダッチワイフの表面を滑らかにします。最後に、ダッチワイフを洗浄し、生産時に付着したホコリを除去します。

6、メークアップ

弊社にはベテランのメーキャップアーティストが3名います。三人ども高度メイクスキルと豊富な経験を持っています。ダッチワイフを洗い終わり、メイクアップアーティストがダッチワイフにメイクをします。

弊社のダッチワイフのメイクはすべてメイクアップアーティストが手作業します。機械を使わないです。同時に、高級な防水化粧品を使っていますから、メイクを長時間キープできます。そのため、弊社のダッチワイフのメイクは更改が難しく、微調整しかできません。

7、梱包と出荷

お化粧が終わったら、ダッチワイフを無菌室に送り、最後の消毒をします。消毒が終わったら、ベビーパウダーを塗って清潔に保ちます。最後に、埃が付着しないように透明の袋に入れます。

お客様が確認したら、ダッチワイフを箱に入れて、発送します。真珠綿などの材料を箱の中に入れて、ダッチワイフが輸送中に破損しないようにしています。そして中身が見えない秘密梱包を採用し、箱にはダッチワイフ(ラブドール)などの文字は一切記載されません。

hanidollの製造工程表

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です